名古屋の中心地、栄で極上鮨を堪能|鮨うら山

名古屋の中心地、栄に位置する松坂屋の向かい側にある「鮨うら山」で、極上の鮨ランチを堪能しました。

鮨うら山 本店

【鮨 うら山 本店】は名古屋栄の矢場町駅から徒歩3分の場所にあります。寿司職人歴30年の店主が手掛けるお店で、旬の食材を主役にした創作鮨を提供。ブリやノドグロ、ズワイガニなどの上質な食材は、信頼のおける業者から良いものだけを厳選して仕入れています。高級寿司店でありながら、こだわり抜いた極上の逸品をリーズナブルな価格でいただけます。

目次

寿司愛好家も驚く!北陸の新鮮な食材を堪能できる創作寿司

「鮨うら山」は、新鮮な握り寿司を堪能できる、寿司店です。この店が最も特徴的なのは、北陸エリアの新鮮な食材を主とした創作寿司を、親しみやすく、そしてリーズナブルな価格で提供していること。栄エリアにオープンして以来、「鮨うら山」は常に、新鮮で美味しい寿司を追求し続けてきました。

北陸エリアは新鮮な魚介類の宝庫とも言われています。その地の恵みを活かした「鮨うら山」の創作寿司は、寿司愛好家や美食家たちをも満足させると共に、食べる人に感動を提供しています。

鮨うら山の取り組みの数々

また、「鮨うら山」ではSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいる、飲食店業界では珍しい一面も持っています。その結果、食材の無駄を減らすことに取り組み、それがリーズナブル価格につながっているのかもしれませんね。また、従業員を大切にしている姿勢も、ホームページに記載されていました。

一つ一つの寿司を丁寧に握る姿からは、従業員の生き生きとした雰囲気が伝わってきます。それはまさに、お客様が感じる居心地の良さにつながっているのだと思います。

店内は、照明も明るく、カウンター席が10席ほどある小さな空間です。その分、アットホームな雰囲気で、丁寧なサービスを受けられますよ。

江戸前寿司の伝統!赤シャリ

「鮨うら山」の寿司の特徴は、何と言っても北陸地方の旬の新鮮な魚介類を使った創作鮨です。また、シャリには、江戸前鮨の伝統である赤シャリが使われています。寿司というと、白酢とお米を混ぜ合わせた白シャリが一般的ですが、ここ「鮨うら山」では、酒粕を醸造させた赤酢と米を混ぜ合わせて作った赤シャリを使用しています。赤シャリは白シャリより香りが強く、味に深みが出ると言われています。シャリに薄く赤い色がつくのが特徴です。

江戸時代に江戸前寿司が流行り始めた頃には、赤シャリが一般的だったそうです。赤シャリは昆布締めのお魚と相性が良く、特に真鯛や甘エビの昆布締めと赤シャリの組み合わせは絶品です。魚や甘エビの甘さが増し、赤シャリでさっぱりとした喉越しが良く、口の奥でふと味の深みと香りを感じることができます。

赤シャリ

3500円〜 お得感満載のランチコース

今回私が選んだのは、3500円(税込)の握り8貫のランチコースでした。寿司8貫と茶碗蒸し、お味噌汁、そしてデザートが含まれています。味、見た目、香り、全てが揃ったこのコースは、女性であれば十分に満足できるボリュームで、とてもバランスが良かったです。

まずは握り寿司。新鮮な海の幸を堪能できる8貫の寿司は、一貫一貫、シェフの技術とセンスが光っていました。シャリとネタの一体感、ネタの新鮮さ、それぞれの魚種の個性を最大限に引き出すシェフの技巧、全てが絶妙に調和していました。

今回は、やりイカから始まって、カンパチ、かつを、スズキ、本マグロ、甘エビの昆布締め、鯵が一貫ずつ出てきました。

ネタとシャリが一体となった瞬間、美味しさが口の中に広がります。そして、その美味しさは喉を通り抜け、心まで満たしてくれます。幸せな7貫。そして最後に、かんぴょうの海苔巻き。胃の中がふっと落ち着きます。

続いて茶碗蒸し。一見すると地味な茶碗蒸しですが、茶碗蒸しにはめずらしい、口当たりの良い具材が使われていました。見た目だけでなく味も絶品です。茶碗蒸しには、梅干し、銀杏、しめじ、湯葉が入っていて、しっかりとした和風出汁で引き締まった味。口に含むと、滑らかな食感と深い旨味が広がります。また、その独特な香りが食欲をそそります。

次にお味噌汁。ここでも新鮮な海の幸を堪能することができます。金沢の米麹味噌を使った味噌汁で、今回は青のりがたっぷりと含まれていました。ちょうど良い加減の塩分でした。猛暑の夏には、助かります!

最後にデザート。さっぱりとしたわらび餅。緑茶とよく合います。

わらび餅

鮨うら山の詳細

日本は美食の国。安心、安全に生の食材をいただける国です。そして、美味しいお寿司屋さんもたくさんあります。「鮨うら山」はその一つ。訪れた人々を満足させるだけでなく、心地よい驚きを提供してくれます。

「鮨うら山」は、一皿一皿に心を込めて寿司を握るシェフの姿勢が伝わってくる、そんな特別な場所です。寿司を愛する全ての人に、一度は訪れてみてほしいお店だと思います。

私が訪れたのは、名古屋栄の本店ですが、名古屋栄エリアにもう1店舗と、東京の日本橋にもう1店舗あります。日本橋で江戸前寿司の伝統の赤シャリ鮨をいただく!なんだか、粋ですよね!

鮨うら山 本店

和食/鮨、懐石・会席料理

予算

ランチ 6,000円〜7,999円 / ディナー 15,000円〜19,999円

予約電話番号

050-5463-0456

住所

愛知県名古屋市中区栄5-1-33 平子ビル 1F

営業時間

昼 11:30 ~ 15:00(14:00)
夜 17:00 ~ 22:30(21:00)
※()内の時間はラストオーダーの時間です

定休日

月曜定休日

ここから予約できます
Share Please
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社KIZUNA
日本におけるキャスティングとロケコーディネート、マカオ・香港のロケコーディネート・キャスティング・スタッフィング、日本人向けの旅行・視察アテンド業務・プライベートガイドを行っています

目次