香港・マカオ ロケ撮影取材イベント コーディネート

香港撮影における就労ビザについて

昨今、香港で撮影をする際は、就労ビザが必要となりました。
たとえ、日本向けの番組や雑誌であったとしても、お金の支払いが香港内で生じなくても、撮影をする際は、就労ビザが必要となります。

申請期間には4~6週間必要とし、様々な書類の準備も必要となります。
短期でも長期でもそろえる書類は同じです。

就労ビザを必要とする場合には、専門の会社をご紹介しております。

日本人でも就労ビザを取得せずに、一時的なことと思い「就労」とみなされる行為をし、逮捕・強制帰国・再入国禁止の処分を受けている人も年間大勢おります。「このぐらいは・・」と思わずに、必ず事前にご相談ください。

在香港日本国総領事館においても、
「香港にて短期商用活動を行う際の就労ビザ取得に関する注意喚起」が発表されております。
https://www.hk.emb-japan.go.jp/files/000329008.pdf

この記事を書いた人
KIZUNAのチーフコーディネーター、プロデューサー  香港・マカオロケコーディネート、キャスティングを担当しています。リサーチから現場コーディネート、キャスティング、スタッフィングなど。コーディネートに必要な手配、アレンジ、交渉、申請などすべてお任せください!日本の国家資格である、旅行業務取扱管理者です!
SNSでフォローする